通販でスパークリングワインを上手に選ぶには

製法の違いは味わいに大きな差が生まれる

シャンパーニュは価格もかなり高くなっていますが、同じトラディショナル方式でつくられているものを選ぶのも一つの手段といえます。
二つ目のシャルマ方式と呼ばれるものは、ワインを瓶に詰めることなくステンレスの大きなタンクに密閉したうえで発酵を行います。
短期間で多くの量を製造できることから、コストや手間も抑え、管理しやすいといえます。
製造過程において、空気に触れないことから、フレッシュな発泡性ワインを造る際に採用される製造方法です。
特に日本やオーストラリア、ニュージーランドで多く用いられています。
三つ目の炭酸ガス注入方式と呼ばれるものは、その名前の通りに、ワインに炭酸ガスを注入したうえで、人工的につくる製法をさしています。
大量に消費するための製法としても利用されているものです。
シャンパーニュだけが別格だと思っている人も多いかもしれませんが、実はシャンパーニュと同じ製法でつくられているものも、国によってはさまざまなものがあることがわかります。
やはり製法については、選ぶ際の一つの手段になりえることがわかります。
そして自分の好みを調べるためには、味の選び方が重要となります。
辛口が好きな人もいれば、やや甘めのものを好む人がいることでしょう。
どこを見れば味の判断ができるのかというと、それは瓶のラベルに書かれています。
味わいについては、主に6段階で表記されているので、ぜひともラベルをチェックしてみましょう。
このように製造と味を確認することによって、かなり自分の好みに近いものを選ぶことができるでしょう。
通販で購入した後に、よりおいしく楽しみたいのであれば、まずはしっかりと冷やすことが大切です。
冷えが足りなければ吹き出しの原因にもなってしまうため、冷蔵庫で十分に冷やすか、その時間がないのであれば、飲む前に氷を張ったクーラーなどで30分ほど冷やせば問題なく飲むことが可能です。

17804-9 未開栓保管品 甘味果実酒 スパークリングワイン HACHI Canon ハチ キャノン ハーフボトル 360ml 8% https://t.co/ZcrpKgq3vc pic.twitter.com/TJBNDgxIt4

— お酒の通販情報 (@open_dori) 2019年7月26日

数ある種類の中から自分の好みの一本を見つける方法製法の違いは味わいに大きな差が生まれるよりおいしく楽しみたいのであれば、まずはしっかりと冷やすことが大切